仮想化基盤は短時間でサーバを増設できる

仮想化基盤を実現するためのソフトウェアは、サーバのCPU、メモリ、ハードディスク、ネットワークと行ったリソースを複数の仮想サーバに割り振る役目を担います。

優れたソフトウェアであれば、効率的に割り振ることによって全体としてのパフォーマンスを向上させて、無駄のないサーバ運営ができるのです。



その上で、それぞれの仮想サーバは、それ自身は一台の物理サーバにインストールされているのと同じ挙動を示しますから、専用サーバを使っている状態と同じように運用ができるというメリットがあります。

仮想化基盤を使えば、仮想サーバをソフト的に作ることができるというメリットだと言えるでしょう。

産経ニュースについての総合情報ポータルサイトです。

通常、物理サーバを増設しようと思えば、発注をして納品されてから電源の確保なども行わなければなりませんし、物理的な構成も必要となってきます。
しかし、仮想化基盤を使った場合、サーバ内に仮想空間を増やすだけで済みますから、サーバの増設はごく短時間で行うことができます。

ニュータニックス情報について詳しく解説しております。

仮想化ソフトウェアによって時間は異なりますが、数十分で完了するものもあります。

サーバを増設して新しい機能を持たせたいと行ったときに、リソースが余っていればすぐに増設ができるというメリットは非常に大きいと考えられます。例えば、新しいアプリケーションソフトウェアを実験的に導入しようと思った場合に、そのためだけに物理サーバを導入するのはコスト面でのデメリットが大きいでしょう。
仮想化基盤があればほとんどコストをかけずに増設ができるのです。