仮想化基盤で従来のものを再利用できる

仮想化基盤を用いることによって、複数の物理コンピュータのそれぞれを仮想コンピュータとして動かすことができます。

こうすることによって複数のコンピュータを運用しているかのように見せかけ、かつ効率的に稼働させることができますから、企業にとっては魅力的なものだと言えるでしょう。それならば、システム全体を見直した方が良いと考える人もいるのではないでしょうか。

システム全体を効率的なものにすることができれば、仮想化基盤を用いる必要はありません。



確かにこれは事実なのですが、それにはコストもかかりますし、ユーザも混乱する可能性があります。
例えば、ある事業を行う際に設置しているサーバがあったとして、その事業に参加する従業員は、すでにそのサーバの扱い方を知っているでしょう。


サーバ自体のメンテナンスも従業員が行っていることもあります。

特に問題がなければ、そのシステムを使い続ける方が遙かに効率的です。



わざわざ新しいシステムを導入すれば、そのシステムを使うために多くの従業員は時間を費やさなければなりません。

IT担当者以外の従業員にとっては、システムは仕事の道具でしかありませんから、そのまま使えるものをわざわざ変更することにメリットを感じないのです。

注目のBIGLOBEニュース情報に関する耳より情報を公開しています。

そればかりか、変更することによって仕事に支障を来す可能性もあります。

仮想化基盤を用いれば、現在使っているコンピュータをそのまま仮想化することができます。

つまり、ユーザにとっては依然と何ら変わりない状態で使うことができるために、無駄な時間をかける必要がないのです。