仮想化基盤とはなにかについて

仮想化基盤がサーバ分野では必須とも言われてきていますが、ベンダーごとに用語が違う場合も多く、しっかりと理解しておきたい分野の一つです。


仮想化基盤は単純に言えば仮想化したOSをまとめる機構のことです。

ジョルダンニュース!情報を豊富に提供しています。

ソフトウエアで制御されることが多く、専用のハードウエア構成で動くOSの形状をしています。

以前は通常のOSにインストールする形もありましたが、深くリソースをサポートするために専用ハードウエアドライバが必要になるケースがほとんどです。

専用ハードウエアといっても、各サーバベンダーがドライバを提供していますので新し目のサーバならドライバを利用することですぐに専用ハードウエアとなります。

仮想化基盤ではOSのインストールを専用コントローラーから行ないます。


しかし、インストールするOS側からは物理的なハードウエアがあるように見えますのでインストールは通常通り進められます。



また、インストール後は専用ツールが合わせて提供されるケースがあり、仮想化基盤から再起動をすることも可能です。
OSが障害で反応しない場合も再起動できますが、OS側に対応ソフトが入った場合は適切にOSを再起動できるのでシステムへの負担が少なくなります。
また、リソースが細かく制御されますが、各OS側からはリアルタイム変更に対応しないOSも多いので注意が必要です。

この場合は一度停止させてから適用となりますが、サーバOSの場合は仮想化基盤に対応させているケースが多く、リアルタイムなリソース変更が可能になってきています。