仮想化基盤の普及の要因と市場の信頼

仮想化基盤が普及する前は、専用サーバが普通に用いられていました。

専用サーバは、さらに前の時代にはかなり高価な設備だったのですが、すでにかなり安くなってきていたために、専用サーバを導入するメリットは大きかったと言えるでしょう。


また、安定して稼働させるためには専用サーバが必須だと言われていたこともあり、それがごく普通に行われていたのです。仮想化基盤が普及した要因はいくつかあります。



仮想化と言っても、一つのサーバを複数のユーザで利用するのですから、専用サーバよりもコスト面では優れているはずです。

それにもかかわらず理普及しなかった理由は、技術が追いついていなかったからだと言えるでしょう。


仮想化基盤の技術はここ最近でかなり進歩しました。



例えば、仮想サーバを稼働させたまま別の物理サーバに移行させることができたり、あるいは物理サーバに障害が起こったときには、別の物理サーバがすぐに稼働して仮想サーバを動かし続けることができたりします。

仮想化基盤という技術が開発されたときから安定して稼働させることはできたのですが、市場からの信頼を得ていなかったと言えるでしょう。

NAVERまとめ情報サイトについて考えます。

現在では十分に技術開発が進み、すでに一流企業がサービスを提供していますから、市場からの信頼も得られるようになり、むしろクラウドの世界ではこちらのほうがメジャーになってきているのです。

すでに導入している企業も多くありますが、今後も普及していくと考えられます。