仮想化基盤の運用管理について

仮想化基盤による運用では管理が楽だというメリットがあります。

物理サーバの数が少なくなれば、その分だけ管理が楽になるのは自然なことでしょう。

少なくともハード面での管理はずいぶん楽になります。
例えば、死活監視はソフト上で行うことができますし、ハイパーバーザーによってはそのツールも提供されていますから、仮想化基盤を用いることによって管理は楽になると考えられるのです。


ただ、仮想化基盤を用いた場合には、性能監視に注意を払っておく必要はあるでしょう。



仮想サーバはそれぞれ独立してはいるのですが、どれか一つの仮想マシンが高負荷の処理を要求した場合に、ほかの仮想サーバにも影響する可能性があります。

自分に合ったBIGLOBEニュース情報サイトを利用しましょう。

特にストレージデバイスは性能があまり高くありませんから、負荷が大きくなると仮想サーバの多くに影響を与えてしまう可能性があるのです。



このような状況になれば、高負荷の処理を要求している仮想サーバを見つけ出して改善すれば良いのですから対処は簡単ですが、常にチェックして把握しておくことは必要となります。
リソースの割り振りに制限を与えたり、あるいはリソースが増えすぎたときにアラートが表示されるなどの機能を搭載しておくのは良い方法だと言えるでしょう。


複数の仮想サーバが混在していると言うことを考えれば、このあたりの管理はやや複雑になると考えておいた方が良いですが、それらもソフト上で行うことができますから、負担はそれほど大きくはありません。